善玉菌の増やし方〜腸内の善玉菌を健康的に増やそう〜


善玉菌、善玉菌って言っても、
よくよく考えると「ん!?どうやって増やすの!?」と疑問を持つ方もいるのではないでしょうか?
ということで、こちらのページでは健康的に善玉菌を増やす方法を3つご紹介します(*´ω`*)
身近なものを使うので今日から簡単に出来るので参考にしてみてください^^

食物繊維のチカラで!


食生活で善玉菌を増やそうと思うときに無理なく摂取できるのが穀物・芋類・海藻などの「食物繊維」が豊富な食べ物です。
食物繊維は悪玉菌が作り出す有害物質を排出する働きがメインですが、実は善玉菌の栄養源にもなってくれているんです(^^♪
食物繊維の栄養源のおかげで善玉菌もモリモリ増えてくれるんですね。

▼主な食材
穀物や芋類、干しシイタケなどの乾物、海草類やコンニャク、キノコ類

善玉菌の増やし方*オリゴ糖のチカラで!


オリゴ糖は善玉菌の栄養源として、腸内バランスを整えるには大切な役割があります。
オリゴ糖が多く含まれている食材にタマネギ、ゴボウ、アスパラガスなどがあります。
野菜以外にも豆腐などの豆類、お子さんでも摂取しやすいバナナや牛乳などにもオリゴ糖が含まれています|´З`●)

▼食材からがむずかしそうならオリゴ糖食品で摂取
スーパーや薬局などで市販されているオリゴ糖製品もありますので、食材で摂取しにくいときはそっちを利用するのが手軽です◎

善玉菌の増やし方*発酵乳製品のチカラで!


ヨーグルトなどの発酵乳製品も腸内環境を整えるのに効果的です。
>>腸内フローラの育て方を詳しくみる
ですが、市販されているヨーグルトに含まれている乳酸菌等はメーカーによって菌の種類が異なります。
菌が違えば、お腹に合う合わないの問題もでてくるので、最初は少しずつ摂取するようにしてみましょう。

はじめは様子を見つつ調整してくのがベター

最初は1週間を目安に、ヨーグルトであれば毎日約200グラム程摂取してみて、お腹の調子をみてみます。
調子が良いようなら、バナナをトッピングしたり、オリゴ糖をプラスしてみるとより効果的ですよ(^^♪

うちのこお腹の調子が悪いかも?と思ったら…

赤ちゃんの離乳食や乳児の食事にもしっかりと摂り入れて、善玉菌を増やしていきましょう!
善玉菌が増えることで腸内が安定し、便秘や下痢などの症状が改善されていく可能性が高いです。
なので「おや?うちの子、お腹の調子がグラグラしてるかも…」と思ったらまずは善玉菌を増やすことからはじめてみてはいかがでしょうか(pq’v`∞)

関連ページ

善玉菌・悪玉菌の種類
テレビ番組やCMでも良く耳にする「善玉菌」「悪玉菌」。 善玉菌は良い菌で、悪玉菌は悪い菌・・・くらいの認識しかないですよね。 実は、悪いと思われがちの「悪玉菌」も、必要不可欠みたいなんです。 私たちの身体の中で働く「善玉菌」と「悪玉菌」の種類と、その働きについて簡単にまとめました(o^―^o)
腸内フローラの育て方
大人も子供も腸内フローラのバランスをしっかり保つことがとても大切 でも、赤ちゃんや幼児は大人のように自分で食べるものを選んだり、生活リズムを整えたりはできません そこで活躍するのが「ママ」なんです ママのチカラで赤ちゃんの腸内フローラをしっかりと育てていきましょう(^^♪