善玉菌と悪玉菌の種類と働き*人の腸内にはどんな菌がいるの?


人の腸内には、耳にすることも多い善玉菌と悪玉菌のほかに、日和見菌(ひよりみきん)という菌が存在します。
日和見菌は善玉菌にも悪玉菌にも当てはまらない菌で、どちらか強い方につく菌です。
人の腸内は善玉菌15%・悪玉菌10%・日和見菌75%の割合になっていると言われており、日和見菌の割合がとても多いんです!

 

善玉菌が優勢だと日和見菌は善玉菌へ。
悪玉菌が優勢だと日和見菌は悪玉菌へ。
悪玉菌側へ日和見菌が味方してしまうと、腸内フローラが崩れてしまい、便秘などの症状が起こりやすくなってしまいます

善玉菌の種類と働きを知ろう


善玉菌の種類は、なんと500種類!
善玉菌は「腸内を酸性にして悪玉菌の増殖を抑えてくれる働き」、「摂取した栄養素の消化と吸収を手助けしてくれる働き」があります。
善玉菌の代表格として有名なのが「乳酸菌」と「ビフィズス菌」です。
乳酸菌飲料やヨーグルトで手軽に摂取できるので、日ごろから摂取している人も多いと思います(⌒∇⌒)
実は人の大腸内に存在する善玉菌のほとんどはビフィズス菌なんです!

ん。じゃあ乳酸菌って必要ないの?

「じゃあ、乳酸菌って必要?」と思いますよね?
実は、必要不可欠なんです。
乳酸菌は、ビフィズス菌を住み着きやすい環境を作る役割があるんですよΣ(・ω・ノ)ノ
乳酸菌とビフィズス菌は切っても切れない関係だったんですね。
>>善玉菌を増やすにはどうしたらいいの?

悪玉菌の種類と働きを知ろう


悪玉菌の代表格は、ウェルシュ菌、ブドウ球菌、緑膿菌などがあります。
悪玉菌は、「腸内のタンパク質を腐敗させて、有害物質を作り出す働き」があります。
悪玉菌は、普段は善玉菌・日和見菌と一定のバランスを保っていますが、
腸内で善玉菌が優勢の状態になってしまうと、腸内フローラが崩れ、便秘・下痢など様々な症状が起こります。
また、加齢によって悪玉菌は増加し、老化の原因にもなるといわれています(;´・ω・)

 

悪玉菌があるからこ善玉菌が活きる


悪い菌と思われがちですが、悪玉菌がゼロだと良いというわけでもないんですよね。
悪玉菌がいることで善玉菌はより活発に活動をするようになります。
善玉菌・善玉菌・日和見菌のバランスが整っている状態を保つことが大切です◎

関連ページ

善玉菌を増やす方法
腸内環境を整えるには善玉菌を増やして、腸内菌のバランスを善玉菌優勢に保つことが大切(o^―^o) 「善玉菌を増やす」と言うとなんだか難しく感じてしまうかもしれないけれど、実は身近な食べ物で善玉菌を増やすことが可能なんです。 腸内環境を整えて、便秘などの症状を予防&改善しちゃいましょう。
腸内フローラの育て方
大人も子供も腸内フローラのバランスをしっかり保つことがとても大切 でも、赤ちゃんや幼児は大人のように自分で食べるものを選んだり、生活リズムを整えたりはできません そこで活躍するのが「ママ」なんです ママのチカラで赤ちゃんの腸内フローラをしっかりと育てていきましょう(^^♪